形成外科

tel_sp.png
WEB相談室

形成外科

患者さまのお悩みに応えるために、しっかり診察いたします。
「きれいになっていただきたい」と願いながら施術します。
形成外科では、乳がん手術後の乳房再建、皮膚のできものの切除、やけどの傷跡の処置など、さまざまな症例に対応可能です。

全身麻酔の必要がある場合には、事前に血液検査、心電図、レントゲンを行うようにしており、ほお骨を削ったり、エラの部分を細くするために顔の骨切りを伴う場合には、専門の医療機関で3DCT検査をお願いしています。

手術では、患者さまに喜んでいただけるよう、きれいに仕上げることを大切にしています。乳房再建手術を例にあげてみましょう。この手術に際して、当クリニックではインプラントを使用します。左右の形がそろわない場合には、脂肪の注入を併用したり、もう一方の胸の下垂の修正を行ったりして、できるだけ美しい自然な形に近づけていきます。術後のメンテナンスやケアにもしっかりと対応しており、「前向きになれた」「自信を持てるようになった」といった喜びのお声をお聞きできていることは嬉しいかぎりです。

近日公開予定

  • やけど、きずあと
  • ケロイド
  • 乳がん後の乳房再建
  • 先天性の胸部変形、大胸筋欠損症
  • 顔面神経マヒ
  • 顔の変形(骨折、腫瘍、けが)
  • 二分脊椎症(皮膚のトラブル)
  • 皮膚の良性腫瘍(できもの)
  • 血管腫、悪性腫瘍
TEL:06-6370-0112 WEB相談室