院長コラム

tel_sp.png
WEB相談室

2018.11.26更新

先日開催された、第24回国際美容外科学会(アメリカ、マイアミ)でいくつか新しい手術方法や治療方法が報告されていましたので、続けてご紹介します。

 白い傷を消す方法:切開した傷やけがのあとが白く脱色して目立つことがあります。これは傷の中でメラニンを産生する細胞が損傷を受けたために、肌の正常な色調を作ることができなくなったための問題です。そうであれば、このメラニンを産生できる細胞を、傷の中に移植すればいいのではないかという治療方法です。

 発表では耳の後ろの皮膚を小さく切除した後、この表皮を除去して、その直下にあるメラニンを作ることのできる組織を取り出し、これを細かい切片にして、白い傷に小さい針穴をあけて、ここから移植するという治療方法です。

時にはこの手術を数回繰り返す必要があるかもしれませんが、最終的には白い傷の中に肌色の色調が出てきて、傷が目立たなくなっていました。なかなか面白い、新しいアイデアだと思います。

投稿者: メガクリニック

TEL:06-6370-0112 WEB相談室