院長コラム

tel_sp.png
WEB相談室

2018.07.23更新

鼻の軟骨形成について質問です。

軟骨形成とはどのような手術なのでしょうか?

 

このようなご質問をいただきました。よくあるご質問なので、ここで回答させていただきます。

いろいろの方法があり、これらを併用することもあります。鼻先を高くするだけなら、耳介軟骨の移植だけで高さを出せる場合もあるし、小鼻の張り出しがかなり強い場合は、オープン法で鼻柱を切開して小鼻の中にある鼻翼軟骨を外側から寄せて、中央で高さが出るように切開して縫合することで、新しく今までになかった高さと形を出すことができる場合があります。これが軟骨形成術です。また他には軟骨を中央で寄せて縫合したり、折り曲げてとがって持ち上がるような形にしたりすることもあります。さらにこれに耳軟骨を移植して不足する高さや形を補ったりすることもあります。


皮膚に厚みがある場合は、裏側から真皮を削って皮膚を薄くしますし、さらに皮下脂肪が多い場合は、この脂肪を切除します。また鼻翼軟骨のカーブが大きい場合は、軟骨の上半分程度を切除して鼻のわずかに上のほうを細くする対策を併用することもあります。鼻の軟骨に多数の切れ目を入れて、軟骨のばねを弱くする方法もああります。これらのいくつかの方法は手術後3カ月間、在宅時にスポンジなどでの圧迫固定をつづけてもらうことで形の微調整を行い、自分で好きな状態にしてもらうことも可能です。

実際にこの方法が必要な場合は、当院で定期的に方法を指導します また鼻先をかなり下方向の延長するような場合は、両方の耳軟骨を採取して、これを鼻中隔に連結させることでご希望の長さの分だけ下方向に鼻先を長くすることも
可能です。これが鼻中隔延長と言われる方法です。

なかなかイメージしづらいかと思いますが、その方の希望に合わせて、いろいろな方法を組み合わせるのが現在の主な流れになっています。

メガクリニック院長 高柳 進

投稿者: メガクリニック

TEL:06-6370-0112 WEB相談室